Iceland ゴールデンサークル

旅の中盤は、山側の大自然を満喫するべく現地の一日バスツアーに参加。
b0171423_22422889.jpg
まずはシンクヴェトリル国立公園へ。
ここは北米プレートとユーラシアプレートの丁度境目。向こう側には遥か遠くまで岩壁が続いています。このプレート同士は今も左右に広がっていて、その御陰でアイスランドは毎年2cmずつ東西に広がっているそうです!
b0171423_22452472.jpg
   裂け目の中央を流れる川。
b0171423_22474913.jpg
ここは地下水が湧き出たものだそうで、なぜかエメラルドグリーン色に澄んでいてとってもきれい。訪れた観光客が落としていった硬貨の御陰で底がキラキラと輝いていました。
b0171423_22532011.jpg
次は10km程離れたところにあるグルトフォスへ移動。『グルトフォス=黄金の滝』を意味するそうです。
b0171423_2256656.jpg
この滝はかなりそばまで近寄って見る事が出来るのですが、滝が大きいこともあり圧倒されます。
b0171423_22572291.jpg
その昔、ナイアガラの滝を見たとき以来の大迫力でした。
b0171423_22592572.jpg
アイスランドはかなりの数の滝があるそうで、滝好きの私としてはもっと他も見てみたかったです。
b0171423_2304936.jpg
そしてこの日最後のハイライト、ゲイシール(間欠泉)のある場所へと移動。
ここは辺り一面地面から硫黄の煙がもうもうと立ちこめているのですが、なぜか不思議とそんなに硫黄臭がしないのです。日本の温泉と違うところですね。
b0171423_23527.jpg
歩いているとまずはかわいらしく温水が湧き出る場所を発見。小さいですが絶えずボコボコと湧き出していました。ロープが張られているので直接確かめられなかったのですが、きっと熱いんでしょうね〜。温泉卵、作ってみたかったな。
温水が湧き出る場所は全部で4カ所。その内の2つが間欠泉なのですが、更にその内の1つはなんと1日に2回しか吹き上げないレア級の間欠泉。
b0171423_2385616.jpg
こちらが一番頻繁に水柱を吹き上げる間欠泉。通称『ストロックル』です。
b0171423_23122193.jpg
吹き上げる瞬間を、今か今かと待ちわびる人たちに囲まれて、吹き上げそうで吹き上げない、思わせぶりなストロックル君。カメラをずーーーっと構えたままの人も居て、『気が早いな〜〜〜。』と最初は笑いながら余裕で見ていたのですが、次の瞬間。。。。。突然盛大に吹き上げたと思ったらあっという間に終了!!これはカメラ構えていないと撮れないわ(涙)。と反省し、私もカメラを構えて待ち続ける事数分。
b0171423_23145421.jpg
    来た来たっ!
b0171423_23173333.jpg
    うわーっ!!
b0171423_231885.jpg
    すごいっっっ!!!(心の叫び)
今度はなんとか撮影に成功!後ろの観客のサイズと比較すると分かると思うのですが、結構高くまで吹き上げて迫力満点!あまりの楽しさに『後もう一回だけ!』と何回も言って集合時間ギリギリまで見て楽しんでいました。(←こども)
寒くてたまらなかったけれど、出来ることならホントにずーーーーっと見ていたかった。。。。
何なら寝袋持って一晩中、飽きるまで見ていたかったです、笑。
そのくらいハマった楽しさ&爽快さでした♪
b0171423_23223367.jpg
b0171423_23224968.jpg
この日は残念ながらかなりの曇り空だったのですが、この最後の2枚は意外と幻想的な雰囲気に撮れて嬉しかったです♪
by taratsuru | 2013-05-21 23:46 | 旅(海外)