HELSINKI 蚤の市とアンティークショップ巡り

b0171423_6295436.jpg
週末はヘルシンキ市内で開催される蚤の市へ。
Hietalahdenという場所で毎週末開催される蚤の市。どちらかというとフリーマーケットと呼んだ方が良い内容でしたが、掘り出しモノもチラホラ。
b0171423_6412752.jpg
このストールが一番見応えあったのですが、とにかくモノが多いのでストールのご主人が並べるのに時間がかかること!ご主人おしゃべりしながら並べるのを待つ事30分。
b0171423_6365827.jpg
     何も無かった台の上には所狭しと商品が。
b0171423_6445676.jpg
結局このご主人からARABIAの飾り皿を2枚購入。ARABIA創業100周年と101周年の記念プレート。アラビアを代表するデザイナーRaija Uosikkinen(ライヤ・ウォシッキネン)のデザイン。細部まで繊細に表現された絵柄が素敵なプレートです。
b0171423_648573.jpg
      こちらが100周年のもの。
b0171423_6483394.jpg
      そしてこちらが101周年。
ARABIAは1870年代創業のようなので、このプレートは1970年代のものなのでしょうね。
b0171423_6515299.jpg
蚤の市が開かれている広場にはフードホールがあって、そこを見るのも楽しかったです。
b0171423_6534451.jpg
野菜や果物を売るお店やお肉屋さん、パン屋さんなどなど。カフェや軽食が食べられるデリコーナーもあって興味津々。
b0171423_6565936.jpg
こちらはデリコーナーで見つけたパン。どこのパン屋さんにも必ずあるパンで、なんとフィリングはお米!『え?パンなの?ご飯なの??』と気になり食べてみると、どちらかと言うとパン寄りの素朴な塩味でした、笑。
b0171423_733592.jpg
     蚤の市以外に市内のアンティークショップ巡りも。
     こちらはHELSINKI SECONDHAND。
b0171423_755284.jpg
このトランク達がお店の目印。
b0171423_784981.jpg
店内はとにかく広くて、食器も陶器からガラスまでとにかくすごい品数。そして家具も椅子を中心に多数揃っていて一番見応え有るお店でした。
b0171423_7111351.jpg
こちらはHELSINKI SECONDHANDの並びにあるアンティークショップ。
b0171423_7122342.jpg
b0171423_7144836.jpg
食器がメインのこじんまりとしたお店でしたが掘り出し感満載。
b0171423_7181590.jpg
日本人にも人気のWANHA KAARLEというアンティークショップへも足を伸ばしました。
b0171423_7212331.jpg
b0171423_7214795.jpg
こじんまりとした店内には所狭しとフィンランドアンティーク食器がずらり。
b0171423_7235213.jpg
ムーミン一家もずらり。
でも。。。。どれもこれも高くてビックリ!このお店に限らず、いくつか見たアンティークショップはどこもお値段が立派過ぎてもう驚きの連続(笑)。店名に『second hand』と付いているお店すら手が出せないお値段でした(苦笑)。
b0171423_7304267.jpg
結局今回はこのARABIAのイヤープレート2枚を購入。こちらも創業100周年記念プレートと同様、アラビアのデザイナーRaija Uosikkinen(ライヤ・ウォシッキネン)のデザインです。フィンランドの叙情詩『Kalevara(カレワラ)』をモチーフにした、暖かみのある絵柄が素敵なお気に入りのシリーズ。
b0171423_7332917.jpg
結局その後、オランダで2枚見つけ、今では4枚並んで飾られています。
[PR]
by taratsuru | 2013-06-15 07:46 | アンティーク蚤の市(海外)