Deventer op stelten 後編

b0171423_512949.jpg
Deventerの大道芸のお祭りは、ヨーロッパ中のいろんな国からアーチストが参加しています。
そんな中で、このお洒落でかわいい鳥さんチームは希少なオランダ人グループ。
b0171423_5161544.jpg
音楽も無く、たまに鳥の鳴き真似だけをして歩く静かなパフォーマンスなのですが、なんとも愛嬌があって姿を現すとあっという間に観客の人気者に。
b0171423_5262932.jpg
b0171423_5231810.jpg
後ろ姿を見ても分かるのですが、この衣装、とっっっても良く出来ていました!
b0171423_5281343.jpg
口をパクパク出来る作りになっていたので、子供からお菓子を渡されたり、大人から渡されたバラの花一輪をくわえたりして愛嬌を振りまいていましたよ。
b0171423_5323480.jpg
街中の教会であるパフォーマンスを見に行ってみると、ボール紙で出来たベンチが一面にならんでいました。皆さん寝そべってパフォーマンス鑑賞。
b0171423_537425.jpg
天井近くにつり下げられたピアノをひくパフォーマンスなので、横になって見ないと首が疲れるからなんですね、笑。
b0171423_5411425.jpg
b0171423_543318.jpg
ピアノがモニターになっていて、曲と共に変化していく映像が素敵でした。
b0171423_5551464.jpg
夜の10時過ぎから始まった、土曜日最後のパフォーマンスはイギリスのチーム。
泊まったホテルの窓から丁度見えたのですが、もの凄い迫力で興奮しまくりでした!
この垂直に立っている巨大モニターは、最初は地面の上にフラットな状態で置かれていて、その上でお芝居が行われていたのですが、途中から段々と片側が釣り上がって行き、その後出演者を乗せたまま垂直になるまで釣り上げて行く、というど迫力の演出。
結構長い時間だったのですが、途中から命綱を付けた出演者達は、吊り下げられたままの状態でずっとパフォーマンスを続けていました。
b0171423_681294.jpg
モニター上で次々と映し出される映像の数々は自然災害を表していて、メッセージ性の強い素晴らしいパフォーマンスでした。
ラストなこともあり、この日Deventerの街に来ていたほぼ全てのひとがこのパフォーマンスを見に来ていて、素晴らしい作品に拍手喝采でした。
やはり舞台の国だけあって、イギリスのパフォーマンスはスケールが違う!
これだけ大掛かりで素晴らしいものを見られるとは想像していなかったので、なんだか得した気分でした、笑。
b0171423_6151436.jpg
今年も本当に楽しかった!また来年もまた見に来てしまいそうです。
by taratsuru | 2013-07-19 06:42 | フェスティバル