教会の蚤の市 '13 11月編

b0171423_2301286.jpg
前回に引き続きアンティークの話題です。
年に2回開催の教会での蚤の市が今週末に行われていました。
b0171423_2324480.jpg
b0171423_2335474.jpg
b0171423_2343227.jpg
ここは毎回『欲しいものを見つけに行く』というよりも、『会場の素敵ムードを味わう』という目的で行っています、笑。
今回も前回記事のヴィンテージ家具屋に寄った後にふらりと立ち寄り、ムードだけ味わって帰ろうとしていたのですが。。。。。。久しぶりに素晴らしいもの出会ってしまい一目惚れ!
状態の良さにも関わらず驚きのリーズナブルプライスに惹かれ、久しぶりにお買い物をしてしまいました。
b0171423_2432879.jpg
b0171423_2422132.jpg
イタリアCassina社のティートローリー。Cesare Laccaデザインの50年代のものです。
以前同じものを見かけたときはてっきり北欧のものだと思っていたのですが、まさかのイタリアデザインでした。やはりこの年代はどの国でもこういうミッドセンチュリーなデザインが主流だったのでしょうね。この木の質感といいカーブといい、本当に美しく見ているだけで幸せな気持ちに。

只でさえリーズナブルなお値段にも関わらず、現金で支払うからと言って更に値引きしてもらっちゃいました、笑。しかも翌日の朝、ご主人自ら無料で配送してくれて本当に助かりました。
状態も最高で久しぶりの良い買い物。嬉しかった〜♪
こういういわゆるデザイナーものの家具は、値段のことがもちろんあるし、周りの家具と不釣り合いになるのも困るから(一点豪華主義的な)、結構買うのを踏み出せない事も多いんですよね〜。(←小心者)
しかし今回は何年かぶりの大ヒット!でした。サイズも意外と小振りなので日本の家でも邪魔にならずに活躍してくれそう。
b0171423_2543846.jpg
これ我が家にに来たのを機に、日曜日だというのに一日模様替えをして楽しんでいました、笑。
b0171423_2575655.jpg
教会のそばのウィンドウで美女と添い寝するネコちゃんを発見。通る人達のアイドルになっていました、笑。
あ、もちろん美女の方はマネキンさんでーす。
[PR]
by taratsuru | 2013-11-18 03:01 | アンティーク蚤の市(オランダ)