カテゴリ:未分類( 14 )

苔はりねずみ

昨日は久しぶりに会うお友達と一緒にショッピング。
セールで賑わう人ごみの中、私が手に入れたのはこちら。
b0171423_16175136.jpg
  『苔盆栽はりねずみ』です。
  富山県産の青銅鋳物の本体に苔で出来た毛がこんもりと。
b0171423_16243063.jpg
    お顔もかわいいのですが、
b0171423_16245973.jpg
    ころんとした丸みがたまらなく愛らしい一品。
b0171423_16251997.jpg
    後ろ姿も溜まりません、笑。
b0171423_16271885.jpg
昨年の一時帰国時に出会って一目惚れしてからというもの、本帰国したら絶対購入しようと決めていた一品。オランダから連れ帰って来アンティークの灰皿ハリネズミと一緒にディスプレイ。
b0171423_1631126.jpg
この苔はりねずみ、店頭にはもうちょっと大きいサイズのお母さんも居ます。苔の手入れに慣れて来たらお母さんも連れて来ようかな。
これからしばらくの間、苔の手入れにハマりそうです。
[PR]
by taratsuru | 2015-01-11 16:42

帰国の思い出。

b0171423_2111623.jpg
帰国前は想像以上に慌ただしく、日本のお友達には帰国を伝える暇も無く帰って来てしまいました。
『帰ったら皆に連絡しよう!』と決意も固く成田に降り立ったのもつかの間、受託手荷物のひとつがまさかもロストバゲージで、あっという間に違う慌ただしさに巻き込まれることに(爆)。
しかも、そのトランク。『これさえ開ければ1週間は暮らせますセット。』が詰まったメインのもの。化粧品から下着からしばらくの間の着替えまで全てがそこに。。。。。しかも、出国直前に手荷物に入れ替えようと思ってすっかり忘れていた、日本の銀行関係書類の全て&日本円の財布(withクレジットカード&銀行カード)&カメラ、という見事なフルセットだったんですね〜(涙)。
結局5日程行方不明が続き、見つかってから私の手元に帰って来たのは帰国から1週間後でした。
KLMの方曰く、『別の航空会社の便で成田に到着したそうです。』。。。。って、どういうこと!?!?
とは言え、無事に戻って来て本当に本当に良かったです!!
いずれにしろ、荷物が不明の間が気持が悪いので、日本到着翌日からクレジットカードや銀行の口座を留める作業に追われ、次は見つかったからと口座再開の作業に追われたり。自分の不注意で取り出し忘れた貴重品の御陰ですっかり振り回された2週間でした。
しかも、ナチュラルライフを実践していたオランダですらやった事の無い、まさかのノーメイク1週間を強いられるはめに(爆)。
そんなことをしている間に、航空便は到着するわ、トランクルームの荷物は帰って来るわであっという間に時間が過ぎて行きました。
今は荷物もほぼ片付け終わり、やっと落ち着いた日々が戻って来ました。これから船便到着まで、しばし静かな日々が過ごせそうです。
こちらからご連絡する前にメール頂いた方々、本当に申し訳ありませんでした!(ぺこり)

あ、冒頭の素敵なフレームの写真は、オランダを離れるときにお友達が下さったものです。
なんと額の柄はその方の手描き(!)で、額に収めたクロスステッチもその方の刺繍なのです。
早速リビングの棚に飾り、毎日眺めています。引っ越し作業疲れを癒してくれる大事な一品。
Sさま、本当に素敵なプレゼントをありがとうございました!!ずーーーーっと大切にします。
b0171423_2135553.jpg

[PR]
by taratsuru | 2014-08-25 21:41

Lastday in Amsterdam

8月の頭に、とうとう日本に帰って来ました。
気が付けば(本当は気付いていました←小声)、かれこれ2ヶ月もブログを更新していない有り様。。。。
『再スタート、気長に待っています。』と優しいお言葉をかけて下さった皆様、ありがとうございました。(ぺこり)
b0171423_1632420.jpg
オランダを離れる前日に、お友達とアムステルダムを散歩して撮った一枚。
思い出の場所は沢山ありますが、私はここの風景が一番好きなんですよね。
b0171423_16401195.jpg
実は私がアムステルダムを離れた翌日は、年に一度のビッグイベント『ゲイプライド』の日。街は一面、シンボルカラーのレインボーで彩られていました。
b0171423_1642542.jpg
b0171423_16432874.jpg
   カップルが男子同士なら完璧だった一枚、惜しい!
b0171423_16443755.jpg
b0171423_16454335.jpg
なんとトラムのinfoもゲイパレードに因んでレインボーカラーに、笑。こういうところがアムステルダムらしくて好きです。
b0171423_1648660.jpg
b0171423_16491548.jpg
またここアムステルダムに戻って来る事が出来ますように!という願掛けを込めて、橋に付けられた鍵の束を最後にパチリ。

オランダでお世話になった皆様、そしてこのブログを通してお知り合いになった方々も、今までお付き合い頂き本当にありがとうございました。
これから暫くの間、まだアップし切れていない旅&moreの記事をしばらく続けたいと思います。
(あ、どうして2ヶ月もブログが更新出来なかったか言い訳編も含、笑。)
[PR]
by taratsuru | 2014-08-20 17:06

b0171423_11104948.jpg
モロッコ編、まだまだ続きますが、一時帰国の為しばらくブログをお休みします。
また2月に再開予定です。
[PR]
by taratsuru | 2014-01-16 11:10

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
b0171423_439875.jpg
昨年末はアムステルダムのホテルに滞在し、初めて高いところから年越し花火を楽しみました。
b0171423_4411534.jpg
丁度ホテルの目の前でも沢山上げていたのでかなりの迫力。
正直、この高さから見て初めてこの年越し花火を奇麗だなと思えましたよ、笑。
それにしても、せっかくの機会なのにここぞとばかりにカメラを忘れて来たワタクシ。。。。。苦笑。今回は夫のスマホの写真を拝借です。
b0171423_4464821.jpg
   部屋から見えた元旦の初日の出も記念にパチリ。
   今年も皆さんにとって素敵な一年となりますように!
[PR]
by taratsuru | 2014-01-04 04:53

Birthday presents

b0171423_5581984.jpg
先日、またしてもお誕生日が来てしまいました。一年ってホントにあっという間ですね〜。。。。
『あー、またひとつ年取っちゃった。。。』とか口では言ってみるものの、実はあんまり年気にしていなかったりするワタクシです、笑。何歳だって自分は自分ですからねー。
そう、お誕生日はプレゼントを頂いたりお祝いしてもらえたりする楽しい日なんです♪
b0171423_5592256.jpg
      今年もお友達から素敵なお花を頂きました。
b0171423_651598.jpg
そしてこちらは木製チーズボードとチーズスライサーのセット。
こういうものって、かわいいなーと思いながらも意外と自分では買わないものなので嬉しかったです♪
b0171423_673164.jpg
そしてこちらは一緒に頂いたフエルトのウサギさん。本当はこれ、イースターエッグのゆで卵に被せるウサギ型帽子なのですが。。。。。
b0171423_6103610.jpg
チーズスライサーのカバーとしても丁度ピッタリサイズなのでした!なんだかこの平たい横顔に愛着が湧いてしまったので、多分この使い方をすると思います、笑。
b0171423_6122660.jpg
こちらはオランダのおばあちゃん達から頂いたミニチュアカナルハウス。
b0171423_615424.jpg
     後ろ側もこんなに精巧に出来ています。
b0171423_617349.jpgb0171423_6172494.jpg
















細部に至るまで本当に良く出来ていて、とにかく感心〜〜。
b0171423_6185519.jpg
この手前の原寸大タマゴと比べるとこのミニチュアの小ささがわかりますよね。
このカナルハウスは他にも何種類かあるのですが、実は全てアムステルダムに実在する建物なのだそうです!因みに私の頂いたカナルハウスは『Kattengat』(猫の穴)という名前の場所なのだそう。実在のカナルハウスを探して記念写真撮らないと〜!と俄然やる気のワタクシ。
皆様、素敵なプレゼントをありがとうございました♪
[PR]
by taratsuru | 2013-04-09 06:35

送別会

3月と言えば『別れの季節』。
また一人、仲良くしていたお友達の帰国が決まり、我が家で送別会をすることになりました。
b0171423_483326.jpg
持ち寄り形式にしたのですが、お料理上手が集まってくれた御陰で豪華なランチ会となりました。

b0171423_411121.jpgb0171423_4115932.jpg
















イタリアンの先生からは素敵&美味しいオードブルの数々が。ホタルイカのリゾット詰め(つまりイカめしイタリアンバージョン)も最高のお味。
b0171423_4165731.jpg
私はカナッペの他にミートローフに挑戦。お野菜たっぷりの具にしたので、見た目のドッシリ感に反して軽い食感に仕上がりました。
b0171423_4182821.jpg
この日の主役のお友達はケークサレ好き。せっかくなので、この日はシーチキン&お野菜、ブルーチーズ&イチジクの2種類を作りました。
こうやってみると、私、四角い料理ばかり作っていますね、笑。
b0171423_425615.jpg
この日のデザートは、デザート先生の抹茶ティラミスと杏仁豆腐。マスカルポーネ&小豆餡&抹茶のコンビネーションが最高の一品。
b0171423_428931.jpg
      そして、送別のプレゼントはこちら。
素敵な瓶は刺繍がプロ級なお友達(デザート先生と同一人物)の作。
そして肝心の中身は。。。。。『アムステルダムの砂』が入っています(爆)。
この日の主役のお友達が旅行先の砂を拾って瓶に集める趣味があるのを事前に知った私達からの、シャレで用意した贈り物なのでした、笑。(あ、もちろん他にもちゃんとしたプレゼントありましたよ、笑)
b0171423_4323323.jpg
      瓶を入れる小袋作りは私の担当。
b0171423_4335558.jpg
       ひも先には木靴のチャームを付けてみました。
b0171423_4362086.jpg
楽しい時間はあっと言う間に過ぎて行き、お別れの実感も湧かない内にお友達は帰国して行きました。
あんなにしょっちゅう会っていたのに、これからしばらく会えないのは寂しい限り。。。。日本での再会を、今から楽しみにしています!
[PR]
by taratsuru | 2013-04-04 05:03

パソコン昇天

長年連れ添ったパソコンが、とうとうお亡くなりになりました。
日本に居るときから通算6年半、私のために一生懸命働いてくれました。
って、「6年半も使ってたの!?」と周りの皆さんに驚かれてみたり、苦笑。

はー、しかし写真やいろんなデータが中に置き去りのままなのがイタい。
今ダメもとでパソコンのプロに打診中。なんとか写真のデータだけでも取り出せると良いのですが。。。。

ということで、しばらくブログはお休みします、涙。
この記事&コメントのお返事のみ、夫のサブパソコン(Mac派の私にはどうも馴染めないウィンドウズ)を借りて、慣れない手つきで書いています。

新しいパソコンが立ち上がり次第、一気にいろんな記事をアップするつもりですので、皆さまそのときはまたお付き合い下さい!

あ~、アップしたい写真がカメラの中にどんどん溜まっていく。。。。
[PR]
by taratsuru | 2012-11-20 04:09

verjaardag

b0171423_3581875.jpg
お誕生日のお花を頂きました!。。。。って、お誕生日は実は先月だったのですが、今日はちょっと遅ればせの私のお誕生日会(笑)なのでした。
b0171423_3595633.jpg
お友達ふたりが、私のイメージでお花屋さんに作ってもらった花束。
お花って、自分で買っても嬉しいけれどひとから頂くと尚嬉しいですよね。
b0171423_424414.jpg
これは一緒に頂いたプレゼント。お友達が手描きしてくれたブレスレットです。色も素敵で柄もかわいい!
b0171423_452631.jpg
もうひとつはデルフト焼きの小皿付きトレー。
小皿にディップを入れてトレーにチップスを入れた姿を今から妄想中です。
b0171423_4103848.jpg
こちらはオランダ人のopa en omaチームから頂いたプレゼント。手前はゴッホの絵柄のミニチュアポット。このまま飾っても良いけれど、一輪挿しにしてもかわいいですよね。

b0171423_4225874.jpg
祝うような年でもなくなった。。。。。と言いながら、やっぱりいくつになっても嬉しいものですね。皆様、Heel hartelijk dank!!!!
[PR]
by taratsuru | 2012-04-12 04:29

あれから1年

今日3月11日は震災から丁度1年が過ぎた日でした。
b0171423_3332977.jpg
と言っても、日本は8時間進んでいるので正確にはもう12日ですね。
昨年の11日は確か金曜日で、外出もせずCNNの放送を一日中見守っていた事を覚えています。
今年もCNNはもちろん、ここオランダのニュース番組でも追悼式典や原発デモなど日本の様子が放送されました。
ネットや日本の新聞などで、その後の状況を気にかけ続けた1年でしたが、最近BBCが制作した『津波の子供達』というドキュメンタリーを偶然見つけました。
既に見た方もいらっしゃると思いますが、とても心に残る番組なのでここでも紹介したいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=D_AxnoNrr_8
約60分とちょっと長めですが、ナレーション以外は全て日本の子供達がインタビューに答えているスタイルなので、日本語で問題無く見れます。
途中、何度か見ているのが辛くなるエピソードがありますが、最後の子供達の言葉が本当に素晴らしいので、是非頑張って最後まで観て頂きたいです。
子供達の話す言葉ひとつひとつが本当に心に残り、大人の私は言葉もありませんでした。子供は何でも判っている。
ある芸術家の方が、『大人とは、いつか訪れる死を意識して、自分の成すべき使命を知る存在のこと。』とおっしゃっていましたが、この震災に遭った子供達は子供ながらにして既にそういう存在なのだと実感しました。
ひとは大人になると、段々辛い事をやり過ごすのが上手になってしまうから。。。。と自分自身を反省。
b0171423_3115510.jpg
日本がこれからもっともっと元気を取り戻すことを心から願いつつ。

[PR]
by taratsuru | 2012-03-12 03:58