<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Laren

先日、Larenという街に行って来ました。
b0171423_1983084.jpg
アムステルダムから車で30分ほどのところにある小さな街で、観光地ではないのでガイドブックにも載っていないようなところです。
茅葺き屋根の家が沢山ある静かで穏やかな街でした。
b0171423_19103831.jpg
b0171423_19111369.jpg
b0171423_19113193.jpg
オランダではたまに茅葺き屋根の家を見るのですが、こんなに沢山集合している場所は初めてでした。日本で言う藁葺き屋根の家が多いような地域なのでしょうか。。。
意外にお店も多くて、普通に今時の洋服やインテリアのお店なのですが、やっぱり屋根は茅葺きだったりしてそのギャップが見ていて面白かったです。
b0171423_19153254.jpg
b0171423_19155438.jpg
そして、もうひとつ気になったのはちょっと変わった風見鶏たち。ひとつは鍛冶屋さんのようなのですが、もうひとつは一体???でもすごく惹かれます、笑。
昔のその家の家業を表しているのだと思うのですが、詳しいことは分かりません。でも以前見かけたパン屋さんの風見鶏は、パンを釜から出している人のマークだったので、きっとそういうことなのだと思います。
b0171423_19185329.jpg
b0171423_19191541.jpg
特別な何かは無いけれど、とても穏やかで落ち着いた街。途中でひと休み出来るようなカフェも有り、散歩にちょうど良いところです。
オランダはこういう小さくてかわいらしい街が多くて癒されます。そんな無名どころを全部廻るのが今の目標です、笑。
b0171423_192398.jpg
b0171423_19243631.jpg
b0171423_19245480.jpg
b0171423_19251258.jpg
ここ1週間のうちにオランダもすっかり涼しくなって来ました。
この街もすっかり秋の気配です。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-31 19:46 | オランダ街巡り

MUSEUM OF BAGS AND PURSES

アムステルダム市内にある、バッグのミュージアムに行って来ました。
b0171423_17553359.jpg
こじんまりとしていて、ギャラリーサイズのミュージアムだったのですが、16世紀から現代のものまで様々な種類が展示されていて、見ていてとても楽しかったです。
特に16世紀から19世紀までのすごく細かいハンドメイドのポーチ類は、素晴らしい手作業で、かわい過ぎて必見です。
b0171423_17595327.jpg
ビーズで出来たポーチ。船の柄がオランダらしいです。
b0171423_1823655.jpg
20世紀に作られたバスケット。近寄って良く見てみると。。。
b0171423_1833922.jpg
ネズミ達がトランプ遊びをしていました!
b0171423_1855788.jpg
b0171423_1862647.jpg
館内はクラッシックで素敵な内装。ここでお茶やafternoon teaも頂けるそうです。

実は入場するときに確かめたら、写真は建物のみOKで、展示されているバッグは撮影禁止だと言われたのですが、あまりにかわいいのでフラッシュ無しで2枚だけ撮らせて頂きました。スミマセン!
展示品があまりに古いので、デリケートな素材の退色を避ける為だと思われるのですが、かなり照明が暗くてどちらにしろこれ以上の撮影は無理でしたが。。。

b0171423_18254231.jpg
b0171423_1826167.jpg
ミュージアムショップで見つけたカード。生地と紙で出来ていて、自分でも作れそう。。。。。と参考用に2枚購入。

帰りは少しだけ街を散歩しました。
b0171423_18382197.jpg
b0171423_18391751.jpg
b0171423_18402218.jpg
とうとう夏も終わり。

秋の気配を感じる今日この頃です。
b0171423_18435796.jpg

[PR]
by taratsuru | 2009-08-31 19:02 | オランダ街巡り

Scheveningen

夏といえばビーチ。
ということでScheveningen(スヘーフェニンゲン)に行って来ました。
b0171423_20231549.jpg
雲ひとつないお天気の週末だったので、ビーチは超満員です。
b0171423_20244377.jpg
b0171423_20251131.jpg
泥団子遊びは世界共通ですね。
b0171423_2027949.jpg
浅瀬で何かが採れるのか、子供達が網やバケツ片手に頑張っていました。
b0171423_20282273.jpg
b0171423_2029030.jpg
     カモメも浜辺でひと休み。
b0171423_20264717.jpg
世界共通な感じのすごく典型的なビーチでしたが、ゴミが無くてとってもきれい。
人が沢山いてもきれいにしているって、とても大切なことですよね。
b0171423_2033449.jpg
向こうに見えるタワーの方に行ってみると。。。
b0171423_2035472.jpg
バンジージャンプをしていました!
遠目で見ていても結構迫力有ります。ジャンプしているひとたちの叫び声が潮風に乗ってこちらまで響いていました。
b0171423_2037867.jpg
     途中で見つけた砂のお城。
b0171423_2038879.jpg
暑さにすっかりやられてしまいHotel Kurhausでひと休み。ここは予約をすればafternoon teaが出来るそう。私達は時間が無かったので今回はサンドイッチやサラダをオーダーしたのですが美味しかったです。
b0171423_20411287.jpg

今度はシーズンオフのお天気が良い日にお散歩に来てみたいです。


おまけ。

先日お友達の家の庭で採れたりんごでジャムを作りました。
b0171423_20451994.jpg
b0171423_20443752.jpg
b0171423_2044544.jpg

実はジャムを作ったのはこれが初めて。リンゴをくれたお友達が教えてくれたレシピで作りました。リンゴはもちろん無農薬。お砂糖もブラウンシュガーで、仕上げにレモン汁を加えただけ。自然な甘みに仕上がりました。こんなに手軽に出来るなら、違う果物でも挑戦してみたいと思います。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-25 21:09 | オランダ街巡り

Stoomtram en Boot

週末に蒸気機関車に乗って来ました。
Hoorn(ホールン)から出発してMedemblik(メデンブリック)に到着する期間限定
(冬はお休み)の蒸気機関車です。
b0171423_22423046.jpg
b0171423_22431058.jpg
b0171423_2255617.jpg
b0171423_22434434.jpg
b0171423_2244933.jpg
b0171423_22444956.jpg
汽車の中には昔の衣装を来たガイドさんが乗っていて、乗客の皆に挨拶したり説明したりしていました。
子供ばかりかと思ったら、結構大人の乗客も多かったです。走り出すと車窓からの眺めを撮影したりお互い記念撮影をしてみたりと、皆すっかり童心に帰っていました。
ただ汽車に乗っているだけなのに、何故だか結構盛り上がれます、笑。
b0171423_22462966.jpg
b0171423_22471135.jpg
窓枠も座席も木で出来でいてレトロムード満載です。
b0171423_22482650.jpg
b0171423_22492377.jpg
b0171423_22494295.jpg
窓からはのどかな田舎の風景が。。。癒されます。
b0171423_22524090.jpg
途中下車した駅では、民族衣装のおばあちゃんと記念撮影も。
b0171423_22541340.jpg
子供達はこんな昔風の衣装を着せてもらっていました。
b0171423_22562774.jpg
1時間程でMedemblik(メデンブリック)に到着。今度はフェリーに乗り継ぎます。
b0171423_22572998.jpg
行き先はEnkhuizen(エンクハウゼン)。とてもお天気が良いので、一番上のデッキでのんびりと。海風が心地良かったです!この日は本当に満員御礼でした。
b0171423_22592167.jpg
b0171423_2301080.jpg
b0171423_2304745.jpg
海の上には沢山のボートが行き交っていました。
b0171423_2332162.jpg
b0171423_237845.jpg
この船は昔ながらの漁船だそう。横に座っていたオランダ人の男性が教えてくれました。なんだか雰囲気があって素敵ですよね。
b0171423_2381550.jpg
あまりのお天気の良さに、周りのボートの人はみんな海に飛び込んで遊んでいました。

b0171423_234348.jpg
途中Zuiderzeemuzeumのあるところにも停泊。その後目的地のEnkhuizenへ。
b0171423_23104575.jpg
Enkhuizenに到着。静かな港町ですが、昔はここから長崎まで行く帆船が出ていたそうです!遠い。。。。
写真はドロムタリスの塔。最上階は展望レストランになっているそう。
b0171423_23134966.jpg
b0171423_2314962.jpg
b0171423_23142720.jpg
b0171423_23152459.jpg
穏やかでかわいらしい街でした。素敵な建物もたくさんあってゆっくり見られなかったのが心残り。是非もう一度来ようと思います。(NSでアムステルダムから1本で行けるようなので)
帰り道にアムステルダム市内では見かけないような素敵なアンティークとファブリックのお店を発見。嬉しくなって、短時間でかなりの量の生地とパーツを選んでレジに持って行ったら、驚いたのか2割引にしてくれました!優しい。。。オランダの郊外のお店はたまにこういう粋なことをしてくれて嬉しいです。ご主人ありがとう!

この日まで全く知らない街でしたが、なかなか素敵ですEnkhuizen。
b0171423_23253984.jpg
全く目立たないベンチに、こんな不思議かわいい編みぐるみも座っていました。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-19 00:31 | オランダ街巡り

アイシングクッキー

先日、いつも素敵で美味しいお菓子を作っているお友達にアイシングクッキーの作り方を教えてもらいました。
b0171423_22381831.jpg
と、言ってもさすがは段取りの良いプロの方なので、下地用のクッキーと飾りの一部は準備しておいてくれました!ありがとう。。。
b0171423_22402037.jpg

どうにか形になるかと思ったら、初心者の私にはこれがとっても難しい!!大変でしたーーー。最初は正直「もう帰りたい。。。(汗)」となったけれど、どうにか続けているうちに遠目には見られる物が出来上がりました、笑。
b0171423_22441720.jpg
b0171423_22444734.jpg
b0171423_22455153.jpg
b0171423_22465617.jpg
b0171423_22473872.jpg
b0171423_22483746.jpg
柄も色も好きに作れるのですっかり楽しくなって来て、気が付けば息を止めながら柄作りに没頭。作っているうちにクッキーと言うよりアクセサリーを作っている気分になっていました。
ついついやり過ぎてしまう悪い癖のある私は、『これはあくまで食べ物なのです。』と自分に言い聞かせながら色を作りました、笑。
b0171423_22524425.jpg


b0171423_2342985.jpg
b0171423_23112135.jpg
b0171423_2345654.jpg
これは、作り方を教えてくれたお友達の作。さすがな美しさです。骨形クッキーに描いた繊細な柄もとってもかわいい!アイシングのかけ方といい、柄の描き方といいほんとうにきれい。とても真似出来る筈もありません。。。。(ため息)

b0171423_23144360.jpg
一緒にトライした別のお友達のクッキー。これは作った中のほんの一部ですが、まるで牛のようなブチ柄もとってもかわいい!文字を入れるアイデアもすごく良いですよね。

3人3様それぞれの柄や色があって本当におもしろかったです。
時間がある時にまた練習して、いつか誰かにプレゼント出来るレベルになりたいですね。。。。(遠いな、笑)

クッキー作りの合間に手作りのデザートでひとやすみ。
b0171423_23211984.jpg
これは今回一緒にアイシングクッキー作りにトライしたお友達の手作りみやげ。イチゴの下はヨーグルトムースで爽やかな味。見た目もきれいで夏らしい美味しさでした。ご馳走様です!
b0171423_23221423.jpg
これは作り方を教えてくれたお友達先生が用意してくれたブラマンジェ。
手作りのアーモンドチュイルクッキーまで全て、本当に美味でした!
クッキーの下準備もあるのに、合間のデザートまで用意してくれて感激です。本当にありがとう!

おまけ。
持って帰る用に、ラッピングまでさせてもらいました。感謝です。
せっかくなのでお家に帰ってからもう一度集合写真を。
b0171423_23441352.jpg
もったいなくて食べられない。。。と思い、しばらく飾っておく事にしました、笑。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-16 23:50 | 作ったもの(料理、お菓子)

ラベンダーのサシェ

今年買ったラベンダーを使ってしまわないと夏が終わってしまう!と思い、急いでサシェを2つ作りました。
b0171423_4114719.jpg
b0171423_4124441.jpg
b0171423_413972.jpg

以前に北教会のマーケットで購入しておいたアンティークの敷物を使ってサシェにしてみました。もともと刺してあった刺繍に更に自分で刺繍をプラスして完成。4つ葉のクローバーのチャームを付けてみました。中にはラベンダーがしっかりと詰まっています。


b0171423_419839.jpg
b0171423_4193867.jpg
       こちらは裏面。
b0171423_4211380.jpg
b0171423_421338.jpg
         小さなバッグのチャームを付けて。

これはお友達に差し上げました。その方のイメージカラーが何故か私の中ではブルーだったので作ってみたら、やっぱりとても好きな色だったそうで喜んでもらえました。良かった!こちらも中にはラベンダーがぎっしりと。

最近小さいものばかり作っていたので、そろそろ次回からまたバッグを作ろうかと思います。


おまけ。

今日はオランダ郊外にあるお友達のお家に遊びに行って来ました。
b0171423_4404393.jpg
b0171423_441883.jpg
彼女のお家はロウハウス。お庭にリンゴの樹があって小さな実が沢山なっていました。
このリンゴで作った手作りジャムが美味しかった!砂糖を加えて煮詰めただけのナチュラルな味。お土産にリンゴをもいでくれたので早速私も真似して作ってみようと思います。
b0171423_4453612.jpg
       お友達の子も野っぱらにある滑り台で大喜び。
b0171423_4401753.jpg
オランダはちょっと車を走らせた郊外に行くと、とてものどかで静かな時間が流れています。外を歩いていてもあまり人に会う事も無く、シーンとしていて、ただただ明るい陽の光が注いでいる。この空気が私はとても好きです。そのうち郊外にも住んでみたいな。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-15 05:07 | 作ったもの(サシェ)

蚤の市と美術館

パリ旅行の後半は、久しぶりにクリニャンクールの蚤の市に行って来ました。
b0171423_17411613.jpg
     エマニュエル婦人風編みぐるみ。
b0171423_1741373.jpg
ここも3割くらいのお店はバカンスに入っていてお休み。でも、だいたいのお店は丁度次の日からバカンスに入るらしくギリギリセーフでした。
今回はアンティークのプリント花柄の生地を探していたのですが。。。ありました、かわいいのが何枚も。でも、高ーーーーーーーい!高過ぎです(涙)
かわいいけれど、さすがにシミが付いた40cm四方の生地が100ユーロは。。。100年近く前のデザイナーものだから。。。と言われてもですね。他にもう少し安い物もありましたが、50cm四方の生地に最低でも50〜60ユーロはやっぱり高いです。
なんでしょう、もう金銭感覚がすっかりオランダ化していると思われます、ワタシ。
生地の会社やアパレルで働いていて、その生地を見本にして日本で新しく生地を作る、そしてその生地で商品を作って売る。という事ならば現実味のあるサンプル購入費になると思いますが。。。。そんな高価な生地には怖くてハサミが入れられません、笑。
これなら前日行ったモンマルトルの生地屋さんで、新しい生地だけれどかわいいな、と思っていた物をもっと買っておけば良かった、とちょっと後悔。
結局今回は小さなアンティーク生地の端切れを袋詰めしたものを10ユーロで購入。結構かわいい生地が入っていたので今度これで何か作ります。
b0171423_17415420.jpg
でもやっぱり久しぶりに行ってみても、クリニャンクール自体は本当に素敵なアンティークの宝庫ですね。特にオランダと違ってリネンやレースの昔の服が豊富です。子供のものもすごくかわいい。。。やっぱりアンティークもお国柄が出ますよね。フランスはリネンや繊細なレースの服。イギリスは素敵な銀食器。オランダは。。。やっぱり焼き物(デルフト、マーストリヒトもの)と素朴なリネンといったところでしょうか。この違いを見てるだけでも楽しかったです。
でもオランダはなんてアンティークもリーズナブルなんだろう、と改めて感心。これからも引き続き国内で頑張ります、笑。

途中、マリアージュのサロンドテでひと休み。
b0171423_18131767.jpg
b0171423_18133773.jpg
食事もお茶もお菓子も全部、相変わらず美味しかったです。ここはいつ行っても待たされる事無く入れるので、気に入っています。

夕方からはJEU DE PAUME(ジュドポーム)美術館へ。
9月までMartin Parrというカメラマンの個人コレクションと自身の作品展が開催されています。
前日に会ったパリ在住の友人に勧められて行ったのですが、すごく面白かったです。もし9月中までにパリに行く方は是非。なにげない場所や有名観光地にいる普通の人達とその風景を撮っているのですが、なんだかとても笑えます。日本の宮崎シーガイアの風景もありました。
個人蔵の写真も良いです。北島敬三氏や川内倫子さんなど日本人の作品も有り。その他フセインやサッチャーグッズなどの秘蔵コレクションも披露していて、かなり笑えます。


最終日は10年ぶりのオルセー美術館へ。
b0171423_18275676.jpg
b0171423_18283735.jpg
ここは本当に建物が素敵ですよね。展示されている作品も素晴らしい名画ばかりですが、こんな素敵な建物を壊さずに美術館にしたパリのセンスは本当に素晴らしい、と感心してしまいます。
b0171423_18325354.jpg
b0171423_18334441.jpg
カフェの窓から見える時計の裏側。
b0171423_18345910.jpg
遠くに見えるサクレクール寺院。

最後に少し時間が出来たので、今まで行った事が無かったプチパレ美術館へ。
b0171423_18394957.jpg
ここは入場無料でした。閉館間近だったので、中のテラスでお茶だけして作品は少ししか見れませんでしたが、建物の中はとても落ち着いた素敵な空間でした。次回改めて訪れてみたい場所のひとつです。
b0171423_18425926.jpg
b0171423_18433977.jpg


今回の旅でも行けなかったところがまだまだあって心残り。ケ ブランリー美術館も時間が無くて結局行けず仕舞い。。。また来ます、パリ(小声)。

おまけ。
b0171423_4285363.jpg
b0171423_430017.jpg
前から買おうか悩んでいたASTIER de VILLATTEのお皿。種類がいろいろあって迷ったのですが、今回はシンプルなタイプを2枚購入。アジアンな料理にも使ってみましたが、それはそれで結構ハマっていました。色々な料理に活躍してくれそうです。
b0171423_436594.jpg
ディプティークのキャンドルはオランダよりも1割くらい安いので、パリに行くとつい買ってしまいます。今は夏なので左側のグリーンノートのものを使っていますが、一番好きなかおりは右側のBAIES。結局いつもこれを買ってしまいます。すごく優しくて懐かしい、どんなに疲れていても癒されるかおりです。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-13 19:16 | 旅(海外)

Paris

5月に続き、今年2回目のパリに行って来ました。
b0171423_20401063.jpg
お天気が良くて助かったのですが、オランダから来た私には暑過ぎました、笑。

到着した日の午後は久しぶりにVILLAGE ST-PAULへ。
b0171423_20481060.jpg
b0171423_20483933.jpg
b0171423_20485761.jpg
b0171423_2050770.jpg
残念ながら、3割くらいのお店は既に夏のバカンスでお休みでした。それでもいくつか開いていたアンティークショップを見たり、手作りの帽子アトリエを発見したりと楽しかったです。ここはいつも静かで、クリニャンクールよりも落ち着いて見る事が出来るので気に入っています。

移動中、公園の木陰を見つけてはひと休みしながら進んでいました、笑。
でないと、本当に倒れそうな直射日光の暑さです。
b0171423_20425937.jpg
b0171423_20432294.jpg
b0171423_20434592.jpg
お昼過ぎのボージュ広場にて。
あまりの暑さに広場の中にあるカフェでひと休み。ギャルソンに冷たい飲み物を2つ注文したら、『ひとりなのに??』という顔をされてしまいました、笑。私、こちらでは良くやるんですけれど。。。

更に移動して、今度はパレ ロワイヤル広場でひと休み。夕方6時過ぎなのにまだまだすごい日差しでした。
b0171423_20562226.jpg
b0171423_20564214.jpg


帰り道、久しぶりにパサージュを見ようと思い、パレ ロワイヤルの向こう側にあるギャルリービビエンヌへ。
b0171423_210777.jpg
このパサージュにあるお店は開店していたのですが、なんだか全体の雰囲気が寂しかったです。。。。以前は周りの小さなパサージュを含め、もっと賑わっていて素敵だったと思うのですが。。。。もちろんバカンスでお休みのお店もあると思うのですが、それ以外に閉店しているお店も意外とありました。ここにも不景気の陰を見たような気がしてちょっと寂しかったです。
素敵な空間なので、是非また元気を取り戻して欲しいですね。
b0171423_2151813.jpg
    パサージュ内の本屋さん

翌日は、久しぶりにサクレクール寺院へ。
b0171423_21444164.jpg
相変わらず人人人でした。
実は本当の目的は寺院見学では無くて、モンマルトルにある生地屋さんに行きたかったのです、笑。でも生地屋さんのある通りから見上げた坂の向こうには美しいサクレクール寺院が。ここまで来たらやっぱり寄らないと。。。と登ってみたら意外と遠かったです!
b0171423_2148618.jpg
振り返ってやっと一息。とにかく観光客と観光客目当てのお兄さん方が多すぎて、たどり着くまででひと苦労。そうだ、これだからここにはもう来なくていいと思ったんだ!と思い出しました。遅い。。。。。
b0171423_221138.jpg
彫像のマイムのお兄さんもおしゃべりしながらひと休み。
b0171423_2157255.jpg
b0171423_21574395.jpg
b0171423_21583320.jpg
寺院前でずっとサッカーボールで遊んでいた男の子。
サクレクール寺院は中は建物同様厳かで静かな空間なのですが、一歩外に出ると観光客だらけで俗世そのもの、笑。このギャップがとっても不思議です。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-11 22:28 | 旅(海外)

コサージュ付きサシェ

DILL&KAMILLEでラベンダーを見つけたので、サシェを作ることにしました。
b0171423_222162.jpg


b0171423_2158493.jpg

着けたコサージュが大きすぎて本体が見えませんね、笑。
b0171423_2204815.jpg
ちょっと横にするととラベンダーが入った袋の巾着部分が見えます。女王の日に購入したアンティークの丸いチュールレースを紅茶で染めて作りました。コサージュはレースとプリント生地を組み合わせて作ってみました。思い付きで作った割には意外と気に入っています。
サシェはプレゼントすることが多いけれど、これは自分用でベッドサイドに置くことにしました。

b0171423_22614.jpg
ノって来たので同じ日にもうひとつ作りました。
b0171423_2272083.jpg
4つ葉のクローバーのチャームを着けて。
b0171423_2283040.jpg
クローゼットの中などで吊るせるようにリボン付きにしました。もちろん中はラベンダー入り。
b0171423_2295498.jpg
実はこの生地のもとはアンティークの小さな敷物。15年くらい前にお友達からもらったものを使いました。
b0171423_22114867.jpg


この他にもいくつか作りたいものがあるのですが、ひとまず明日から夏の旅行です。。。。。帰って来たらまた続きを作ります。

[PR]
by taratsuru | 2009-08-05 22:33 | 作ったもの(サシェ)

afternoon tea

昨日は久しぶりにオランダに夏が舞い戻って来た!という感じの良いお天気でした。
このままもう秋になってしまいそうな気配だったので嬉しいです。

そんな良いお天気の中、お友達とDeventerにあるカフェに行って来ました。

THE WALLSTREET TEA-ROSE
b0171423_19461757.jpg
今回はテラス席を予約していたので、お天気が良くて本当に助かりました!
b0171423_19473016.jpg
テラス席は葡萄の木に覆われていてとても素敵です。前回来た時よりもだいぶ実が大きくなっていました。
b0171423_19494584.jpg
ところがテーブルに着いてみたら真ん中に大きなハエタタキが!
この季節、オランダは蜂が発生するらしく、葡萄の匂いに誘われてテラス席にも蜂が集まっていました。そして、なんと彼らはジャムや甘い食べ物も大好物らしいのです!というわけで、ハエタタキは食事を守るための蜂追い用なのでした。
素敵な木陰で食事するのも楽じゃないです、笑。
ちなみにこの蜂は刺さない種類だそうで安心しました。
b0171423_19551839.jpg
最初に出されたこのジュースも蜂に大人気でした、笑。

2人分のafternoon teaセットとcream teaをオーダーしてみました。
b0171423_19565217.jpg
フルーツパウンドケーキの上にチーズをのせたものやオートミールのお菓子。
b0171423_19574033.jpg
サンドイッチの他に温かいパイとチーズがのったイングリッシュマフィンのようなもの。
b0171423_19571966.jpg
フルーツとクリームがのったパンケーキとスコーン。
b0171423_1958106.jpg
cream tea用のスコーン。

お茶はアールグレイなどの3種類を頂きました。
スコーンやフィンガーサンド以外は、普段オランダではあまり見かけない種類のものが多かったですが、パイなども美味しかったです。

お天気の心地よさと蜂を撃退しながら食事をした疲れとで、最後はコーヒーを飲みながらひと休み。
b0171423_20112513.jpg

一度テラスでお茶をしてみたいと思っていたカフェだったのですが、蜂が多いのが残念!
多分7月から8月くらいの間は中の席がお勧めです、笑。
b0171423_2091774.jpg


おまけ。
同じ通りにあるアンティークショップのワンちゃんと猫ちゃん。
b0171423_20151257.jpg
b0171423_20153380.jpg
猫ちゃんは良く店の前や裏庭でごろごろしているので知っていたのですが、今回初めてこのワンちゃんの存在を知りました。かわいいです!

[PR]
by taratsuru | 2009-08-05 21:12 | cafe&restaurant