<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブルーストライプトート

b0171423_823191.jpg
巾着ポーチ以外にもうひとつ、お店Leafde用に作ったバッグです。
b0171423_835665.jpg
横から見るとこんな雰囲気。かなり大きめサイズです。ジムとか1泊旅行向けサイズですね。
この生地は以前Den Haagの素敵な生地屋さんで購入したもの。雰囲気も良く、且つ軽くてとても気に入っています。
因に以前ヨガの先生用に作ったヨガマットバッグと同じ生地ですね。
b0171423_854981.jpg
脇に金具を付けて、サイズを調節出来るようにしました。金具をはずすと容量が大きくなります。ショルダーも取り外せるのでとっても便利。(自画自賛、笑)
b0171423_88974.jpg
天マチの巾着は草花のプリント生地を使用。ちょっとクラッシックな柄で気に入っています。
b0171423_894263.jpg
b0171423_8111016.jpg
   口元が開き過ぎないように革のフラップも付けました。
b0171423_8121138.jpg
        持ち手部分にも革を手縫いで。
b0171423_813182.jpg
b0171423_8134283.jpg
   裏地&中ポケットです。この裏地のストライプ生地もお気に入り。
b0171423_8145624.jpg
このバッグ、なんと納品して5日で売れてしまったそうです。すごく嬉しい!。。。。でも、せっかく納品したのにもう無くなっちゃった、涙。。。又次回作を作らないと、てことですね、笑。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-28 08:27 | 作ったもの(bagその他)

新しいバッグが出来上がりました。
b0171423_7225428.jpg
真上から見ると小龍包のようですね、笑。
b0171423_7242491.jpg
       横から見るとこんな雰囲気。
b0171423_726312.jpg
今回のバッグの特徴は、このひたすら手刺ししたビーズのドット柄です。
b0171423_7271947.jpg
巾着の紐先も手刺しビーズのポンポンです。
b0171423_7285466.jpg
ひたすら手刺しの連続でしたが、刺しているときは意外と無心になれて楽しかったです。
b0171423_7312844.jpg
ショルダーは基本斜めがけの長さですが、革のパーツで調整出来るようにしました。
b0171423_7322812.jpg
普段使いも良いけれど、パーティーにも使えそうかな。
お店Leafdeに先週から置いて頂いています。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-28 07:50 | 作ったもの(bagその他)

efteling

少し前になりますが、eftelingに行って参りました。
http://www.efteling.com/
b0171423_446082.jpg
1952年にオランダに出来たヨーロッパで最も古いテーマパークのひとつ。有名なオランダのイラストレーター、アントンピークの絵を元に、グリム童話(ドイツですね)の世界を体験出来るおとぎの国です。
(詳しくはウィキにて→http://en.wikipedia.org/wiki/Efteling)
b0171423_4493463.jpg
b0171423_450314.jpg
b0171423_4502573.jpg
b0171423_5443023.jpg
『赤ずきんちゃん』や『ラプンツェル』『7匹の子やぎ』などなど。知っているものから知らないお話まで、沢山のお話が動く人形で再現されていました。
b0171423_4534556.jpg
こちらは『ヘンゼルとグレーテル』。お菓子の家ですね。
b0171423_4552880.jpg
ここの良い所は、自然公園のような緑の多い森の中を歩きながら見て廻れるところ。楽しいお散歩コース、と言ったところでしょうか。
b0171423_458934.jpg
       街頭はこんな感じ。
b0171423_4584192.jpg
       所々に設置されているかごのゴミ箱もかわいい。
b0171423_4595386.jpg
       そしてなんと!こちらもゴミ箱です。
b0171423_511210.jpg
『papier hier!』と繰り返ししゃべっているその口にゴミを近づけると、掃除機のように吸い込んでくれるのでした、笑。きっとそういうグリム童話があったのでしょうね。
b0171423_532235.jpg
こちらは『長靴を履いたネコ』の看板です。懐かしい!(って、お話自体は忘れましたが、笑。)
b0171423_544588.jpg
グリム童話の世界を抜けると、遊園地らしい乗り物が集まった場所に到着。
b0171423_562527.jpg
メリーゴーランド、なんだか久しぶりに乗りました。
b0171423_575939.jpg
b0171423_584143.jpg
こんなレトロかわいいカタツムリに乗って空中散歩もしてみました。
b0171423_594830.jpg
そして、最高にレトロかわいかったのはこちらのIt's a small world的なアトラクション。
b0171423_5114144.jpg
b0171423_512326.jpg
b0171423_51389.jpg
この人形は創業当時から絶対変わっていないですよね、笑。そこが又いい味出しています。
b0171423_5142674.jpg
       これは日本のようです。
b0171423_5582778.jpg
更に遊園地らしい乗り物エリアに到着。このイーグルの下をくぐるとコースター系の乗り物に乗れます。。。。って、私、大のコースター嫌いでして、苦笑。この手のものは全パスでお友達をお待ちしていました。
b0171423_5184739.jpg
あ、もちろんこれも無理。メリーゴーラウンド系の平和な乗り物好きです。
b0171423_5193197.jpg
高所恐怖症の私はこれもパス。って、遊園地の乗り物ほとんどダメなのがバレますね、笑。
b0171423_5213674.jpg
こちらは長蛇の列が出来ていたアトラクション。人気ぶりが気になって私達も並んでみました。
b0171423_525274.jpg
建物の中は劇場になっていて、お姫様を助け出す勧善懲悪のストーリーが展開されるのですが、これが意外にとても良く出来ていて楽しめます。
b0171423_5273720.jpg
b0171423_5281096.jpg
この火を噴いているドラゴンのセットも凄いのですが、鳥や馬達の演技力がまた凄い!本物のフクロウやカラスが生出演なのですが、ちゃんとタイミングを分かって、肩に停まったり飛んで行ったりしていました。馬もですが、鳥は訓練であそこまで出来るものなのですねー。一見の価値有りです。
b0171423_5344883.jpg
気が付いたら閉館時間まで遊んでいました。大人にも意外と楽しめる場所です。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-27 06:03 | オランダ街巡り

トマトがやっと。。。

b0171423_7171372.jpg
この1ヶ月の間に、ゆるゆるとトマトが熟し始めました。
今年は本当に太陽に恵まれない寒い夏だったので、これではせっかく成長してくれたトマトが赤くなってくれない。。。。と心配していたのですが、段々と色付いてくれました。
b0171423_7213459.jpg
蕪も小松菜もラディッシュも、2回の収穫を終えている間にもゆっくりと実を大きくしてくれていたトマト達。どうなることかと思ったけれど無事熟してくれて良かった!
ちょっと固かったけれど味はまずまず、でした。
b0171423_725276.jpg
b0171423_7252664.jpg
こちらは今年初チャレンジのミニトマトです。
これが予想外に沢山実を付けてくれました!しかも相当美味しい!!種も当たりだったと思うのですが、植えた時期も良かったのかも、です。

実は2週間くらい前の大風の日に、家に帰ってみたらベランダでトマトの鉢植えが全部倒れていて、トマトの実が青いまま10個以上転がっていました、涙。
木から外れても日に当てておけば赤くなる、と聞いたことがあったので、ダメ元で窓際に置いておいたらホントに赤くなってくれました!!でも生で頂くのは今ひとつだと思うので、煮込みにでも使おうかな。。。
b0171423_18222115.jpg
    健気にも赤くなってくれたトマト達。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-18 07:38 | ガーデニング

ブルーフラワーサシェ

b0171423_6441869.jpg
超特急で作った日本の家族へのお土産第二弾。これは母用に作ったサシェです。
b0171423_6455553.jpg
このブルーのコサージュはシックで気に入っています。中にはラベンダーをぎっしり詰めました。
まだまだ日本は暑いようなので、ベットサイドに置いてもらって安眠のお供にするのが良いかな。。。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-18 07:02 | 作ったもの(サシェ)

3つのフォトスタンド 

夫の急な日本出張に合わせて、家族のお土産用に超特急でフォトスタンドを作りました。
b0171423_633183.jpg
兄弟のお嫁さんと義母の3人向け。
b0171423_681956.jpg
        後ろに足を付けて立てて飾れるようにしました。
b0171423_691348.jpg
     鳥のつがいのチャーム付き。
b0171423_6101542.jpg
b0171423_611932.jpg
b0171423_6114081.jpg
     こちらの2つはエンジェルのチャーム付きです。
b0171423_6122445.jpg
私の中では3人それぞれのイメージで選んだ生地なのですが、好きに選んでもらうことにしました。誰がどれを選ぶか、ちょっと楽しみです、笑。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-18 06:27 | 作ったもの(カルトナージュ)

秋色のサシェ

b0171423_054756.jpg
サシェを作りました。お世話になった陶器の絵付けの先生へプレゼントです。
b0171423_082489.jpg
  レースの上からパールを刺繍。
b0171423_010151.jpg
       最近購入した造花をリボンと一緒にセット。
b0171423_051896.jpg
中にはラベンダーをぎっしり。後ろに細いリボンを付けたので、クローゼットの中に下げて使うのも良し。下着と一緒にクローゼットに入れるのも良しです。
b0171423_0203019.jpg
お渡ししに行ったら、なんと先生からもプレゼントを頂いてしまいまいた!先生手描きの指ぬきです。
b0171423_0212123.jpg
         内側にはちゃんとサイン入り。
お世話になったお礼に、とご挨拶に行ったらまさかのプレゼント。嬉しかったです!
また再会出来る事を願いつつ、しばらく絵付けはお休みです。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-11 00:34 | 作ったもの(サシェ)

3ways トートバッグ

b0171423_23203735.jpg
以前作った3ウェイのトートバッグを、ブログで見たお友達からオーダー頂きました。
b0171423_2359198.jpg
前回同様、ショルダーの位置を付け替えるとバッグのサイズを小さくして使えます。もちろんショルダーをはずしてトートバッグとしても使用可能。
b0171423_23444983.jpg
         こちらは後ろ姿。
b0171423_23472396.jpg
表のファスナーポケットを開けると、中には携帯&ovtipkaartが入るミニポケット付き。
b0171423_23485383.jpg
     バッグの内側のポケットにもミニポケットを付けました。
b0171423_23495847.jpg
部分的に革を使って手縫いをすると、やっぱり雰囲気が締まるわね。と思いひと頑張りしました、笑。

このバッグもソレイヤードのコーティング生地を使用。オランダは雨が多いので、やっぱりコーティングの生地は人気ですね。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-11 00:01 | 作ったもの(bagその他)

b0171423_2241889.jpg
トートバッグが出来上がりました。
以前別のお友達用に作ったマザーズバッグを見てくれた方かたのオーダーです。
前回同様、ソレイヤードのコーティング生地を使用。
デザインもほとんど一緒ですが、生地の柄が変わるだけでだいぶ印象が変わりますね。
b0171423_22443821.jpg
フロントポケットの中には携帯やovtipkaartが入れられるミニポケット付き。
b0171423_2247226.jpg
両脇のポケットにはペットボトルや折り畳み傘を収納出来ます。
b0171423_2250366.jpg
内側の両サイドポケットにもペットボトルが入れられます。今回オーダーして下さった方はスポーツジムに持って行くとのことだったので、このポケットは前回の仕様をそのままキープ。
更に中にも携帯&カード用のミニポケットを付けました。
b0171423_22554285.jpg
持ち手部分には革を手縫いで付けました。
手縫いが入るとちょっとアクセントになって雰囲気が出るんですよね。
b0171423_23037.jpg
早くもすっかり秋が深まって来たアムステルダム。この秋色のバッグが活躍してくれそうで嬉しいです!
[PR]
by taratsuru | 2011-09-10 23:13 | 作ったもの(bagその他)

b0171423_364679.jpg
ストックホルムでもやっぱり週末は蚤の市巡りを。土曜日はまず、メトロの駅を出て直ぐの地下街で開催されるフリーマーケットへ。
b0171423_39128.jpg
郊外のフリーマーケットなだけに、なんでも売っている、笑。半分以上日用品なのですが、その中にいくつかアンティークを扱うストールを発見。リサラーソンなどのコレクションも意外に充実していました。
とは言え、初日にグスタフスベリの街に行って相場を見てしまった私としてはあまりグッと来るものも見つけられず。。。。
でも、きっと日によっては掘り出し物があるに違いない!そんな気にさせるジャンクな雰囲気です。
b0171423_3135537.jpg
そして、こちらは毎日曜日に開催される蚤の市。ストックホルムの中心にあるヒョートリエット広場です。
b0171423_45299.jpg
家具も有りつつ。。。
b0171423_47811.jpg
それでもやっぱりほとんどが食器中心の品揃え。
b0171423_481562.jpg
グスタフスベリを中心に北欧ものが充実していました。
b0171423_4103939.jpg
私はここでロールストランドのポッテリとした陶器を購入。実はこの同じものをグスタフスベリのアンティークショップで一目惚れしていたのですが、あまりの大きさと重さにそのときは断念。でも、これはそれよりもひと回り小さくて丁度良いサイズ。即決で購入しました。
これを見て和食器??と思う方も多いと思うのですが、正真正銘スウェーデンのロールストランド社製のものです。
デザイナーの名前を書いたラベルが貼ってあり、それを元に後で調べて分かったのですが、ロールストランドのOlle Alberius(オッレ アルベリウス)のデザインだと分かりました。1963年から71年まで在籍していたようなのでその頃手がけて生産されたものだと思います。
b0171423_4145679.jpg
           ちなみに裏には手書きの刻印。
これは大量生産された一般の製品ではなくアトリエ作品にのみ使われるサインと知り、ちょっと嬉しかったです。

b0171423_4153988.jpg
こちらはグスタフスベリのアンティークショップで購入したボウル。
どちらも和食用に使いたくて即決しました。コペンハーゲンでもそうでしたが、和食に合うポッテリとした北欧食器が好きな私です。家食がほとんど和食だからですかね。。。。
因にこちらはグスタフスベリ社製でBritt Louise Sundell(ブリット ルイス サンデル)のデザイン。1954年から82年までもの間長く在籍した方のようなので何時頃のものだかは不明。
でも和食、洋食どちらにも合いそうでとっても気に入っています。
b0171423_4201014.jpg
b0171423_4203274.jpg
街のアンティークショップも廻りました。素敵なお店がちらほら。
b0171423_421198.jpg
b0171423_4212421.jpg
こちらのお店はガムラスタンにあるアンティークショップ。元雑誌編集者のご主人の素敵な趣味のお店です。
b0171423_4304588.jpg
気さくな方でしばらくおしゃべりした後Rorstrandのプレートを購入。
b0171423_4383311.jpg
ついでにこちらの60年代の生地も購入。インテリア用にピッタリな生地です。

アンティークショップはいくつか夏休みのお店も有り見れずに残念でしたが、全部見れていたら逆に欲しいものが多過ぎて大変なことになっていたかも!?笑。
とにかく大好きな北欧のものに囲まれて幸せな旅でした!

     おまけ。
b0171423_4442720.jpg
蚤の市に行く途中で見つけたなんだかかわいいボーリング場です。
[PR]
by taratsuru | 2011-09-02 05:07 | アンティーク蚤の市(海外)