<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

紅茶ケース

只今、新しいバッグの制作で大忙し!夏休み直前のラストスパート時期なのに、珍しく暑い今年の夏にヤラれて進みが遅いこと!苦笑。
すっかりブログの更新も遅れ気味な今日この頃ですが、今回はちょっと前に出来上がったカルトナージュのお披露目をしたいと思います。
b0171423_5572460.jpg
紅茶のティーバッグ用ケースです。
b0171423_63541.jpg
蓋の部分にガラスになっていて中が見えるようになっています。
b0171423_642518.jpg
蓋を開けるとこんな感じ。
せっかくなので内側も一部ティーカップ柄にしてみました。柄合わせに結構苦労しましたが、実際のところティーバッグが入っているときは見えないので、完全なる自己満の世界ですね、笑。
b0171423_664715.jpg
生地だけでなく、蓋に付けたチャームもちゃんとティーカップなんですよ。
b0171423_685614.jpg
実は紅茶はリーフ派で、ほとんどティーバッグを使わないのですが、せっかく作ったので久しぶりにティーバッグを買ってみようと思います。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-29 06:12 | 作ったもの(カルトナージュ)

Deventer op stelten 後編

b0171423_512949.jpg
Deventerの大道芸のお祭りは、ヨーロッパ中のいろんな国からアーチストが参加しています。
そんな中で、このお洒落でかわいい鳥さんチームは希少なオランダ人グループ。
b0171423_5161544.jpg
音楽も無く、たまに鳥の鳴き真似だけをして歩く静かなパフォーマンスなのですが、なんとも愛嬌があって姿を現すとあっという間に観客の人気者に。
b0171423_5262932.jpg
b0171423_5231810.jpg
後ろ姿を見ても分かるのですが、この衣装、とっっっても良く出来ていました!
b0171423_5281343.jpg
口をパクパク出来る作りになっていたので、子供からお菓子を渡されたり、大人から渡されたバラの花一輪をくわえたりして愛嬌を振りまいていましたよ。
b0171423_5323480.jpg
街中の教会であるパフォーマンスを見に行ってみると、ボール紙で出来たベンチが一面にならんでいました。皆さん寝そべってパフォーマンス鑑賞。
b0171423_537425.jpg
天井近くにつり下げられたピアノをひくパフォーマンスなので、横になって見ないと首が疲れるからなんですね、笑。
b0171423_5411425.jpg
b0171423_543318.jpg
ピアノがモニターになっていて、曲と共に変化していく映像が素敵でした。
b0171423_5551464.jpg
夜の10時過ぎから始まった、土曜日最後のパフォーマンスはイギリスのチーム。
泊まったホテルの窓から丁度見えたのですが、もの凄い迫力で興奮しまくりでした!
この垂直に立っている巨大モニターは、最初は地面の上にフラットな状態で置かれていて、その上でお芝居が行われていたのですが、途中から段々と片側が釣り上がって行き、その後出演者を乗せたまま垂直になるまで釣り上げて行く、というど迫力の演出。
結構長い時間だったのですが、途中から命綱を付けた出演者達は、吊り下げられたままの状態でずっとパフォーマンスを続けていました。
b0171423_681294.jpg
モニター上で次々と映し出される映像の数々は自然災害を表していて、メッセージ性の強い素晴らしいパフォーマンスでした。
ラストなこともあり、この日Deventerの街に来ていたほぼ全てのひとがこのパフォーマンスを見に来ていて、素晴らしい作品に拍手喝采でした。
やはり舞台の国だけあって、イギリスのパフォーマンスはスケールが違う!
これだけ大掛かりで素晴らしいものを見られるとは想像していなかったので、なんだか得した気分でした、笑。
b0171423_6151436.jpg
今年も本当に楽しかった!また来年もまた見に来てしまいそうです。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-19 06:42 | フェスティバル

Deventer op stelten '13

b0171423_3243442.jpg
    先週末、Deventerという街で大道芸のお祭りを見て来ました。
b0171423_3312157.jpg
もう今年で3回目ですが、みごとに毎回お天気に恵まれています。今回も快晴の夏日より。週末なこともあり、街は沢山のひとで賑わっていました。
b0171423_3342753.jpg
b0171423_3362815.jpg
   いくら涼しい国とは言え、夏日にこの衣装は辛そう、笑。
b0171423_3405912.jpg
   別の広場では超巨大な貴婦人に遭遇してビックリ!
b0171423_3433746.jpg
ドレスの裾辺りを見てもらうと足が見えますよね、笑。どうやらこのドレスの下には人が数人入っていて、その方達がこの巨大な衣装を動かしているっていう割とアナログな作りなのでした。
b0171423_3524340.jpg
b0171423_3534984.jpg
別の広場に行くと馬が並んで出番待ちしていました。『これは面白そう。』と思い、見てみると想像以上の大迫力!
b0171423_453582.jpg
b0171423_3563295.jpg
ナマのドラム演奏に乗せて馬がひたすら大暴走するのですが。。。。
b0171423_357481.jpg
見ているだけでも大迫力なのに、観客の中にも突進してくるのです!
b0171423_3593142.jpg
しかもこんな恐ろしい形相で!ほとんどナマハゲ状態ですよ。子供も泣きます。
この写真を撮った直後に私の居る場所目がけて突進して来たのですが、カメラを壊されまいと必死で避けました、苦笑。
ちゃんと警備のスタッフも居るしプロだから大丈夫なのですが、この顔で来られたらとりあえず逃げますよね。
b0171423_472018.jpg
他にもまだまだフォトジェニックなパフォーマンスが繰り広げられていたのですが、そちらはまた次回記事にて。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-15 04:28 | フェスティバル

b0171423_025464.jpg
   先週新しく出来上がったショルダーポーチです。
b0171423_0272387.jpg
4歳のお子さんに作って欲しい、とのオーダーをお母さんから頂いたのがきっかけのこのバッグ。
将来の夢は『サメになること。(←真剣)』な4歳の男の子くんで、好きな色は『赤』(「強いレンジャー系はみんな赤いから。」だそうです、笑)。と言うことで、今回のお題は『赤とサメ』。
でもまあ、「熱しやすく冷めやすい子供の流行って、ある日突然終わりを迎えるのよね、笑。」と冷静に考えたワタクシ。テーマをクリアしつつもお母さま(大人)が持てるバッグに仕上げることを了解頂いてから作成開始。
b0171423_0371980.jpg
今回の生地は、直前に行ったヘルシンキのマリメッコで購入したもの。大胆なストライプ柄のキャンバス地です。
旅行の際にも便利な、お財布&携帯&パスポートなどなどが入るポケット多めのミニバッグに仕上げました。
b0171423_0391649.jpg
     内側にもポケットがふたつ。
b0171423_039551.jpg
バッグの後ろにもポケットを。やっぱり外側にポケットがひとつあると便利なんですよね。
b0171423_0421543.jpg
      以前イギリスの田舎で買ったアンティークのボタンを付けて。
b0171423_0433092.jpg
そしてサメです。どんなサメにしようかしばらく悩んだけれど、まあ、大人も持てるサメってこんな感じかと、笑。
b0171423_044042.jpg
海の中の百獣の王なので『目は鋭めで牙むき出し&お魚の獲物付き』に仕上げてみました。
今回、これを作る為に改めてサメのお姿をまじまじと観察。(あ、もちろんネット上で。)「サメってこんなところにヒレがあるんだ〜。」とか妙に感心してみたひとときでした。
b0171423_0443328.jpg
お母さまからのご希望で、ファスナーの引手にはエッフェル塔のチャーム付き。ボクもママもエッフェル塔が大好きなのだそう。
b0171423_045950.jpg
今日お渡ししたのですが『ご主人も持てるかも。』と喜んで頂きました。確かに男性が持っても良いかもですね。
唯一残念だったのが、お渡しするときにバッグを斜めがけしている姿を撮らせてもらうのを忘れてしまったこと!カメラ持参で会ったのに、残念。。。。。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-11 01:32 | 作ったもの(bagその他)

Amstelveld蚤の市

b0171423_44832100.jpg
しばらく蚤の市の記事が続きます。
こちらは、先日行ったアムステルダム市内の蚤の市。前々から行きたいと思っていた蚤の市なのですが、なぜか開催日は必ず別の用事があり、結局今まで行けずじまい(涙)。やっと今回は念願が叶いました。
b0171423_4542579.jpg
b0171423_5112312.jpg
b0171423_456585.jpg
『あ、この店主良く見かける。』と思うストールもあれば、始めて見る素敵な品揃えのお店も多く楽しめました。
b0171423_511720.jpg
b0171423_51411.jpg
      インテリアものを扱うストールも充実。
b0171423_523983.jpg
雰囲気のある革の鞄たち。
b0171423_5122878.jpg
      ワンちゃんも、ご主人と一緒に物色していました、笑。
b0171423_51636.jpg
結局この日はこのタイルを購入。オランダ生活もラストスパートかと思うと、ついついTheオランダ的なものに目がいってしまうんですよね〜。
b0171423_5224984.jpg
オランダに来てから良く虹を見るので、なんだかこのタイルに出会えて嬉しかったです。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-06 05:40 | アンティーク蚤の市(オランダ)

Gouda散歩と蚤の市

新しいオーダーバッグの制作に追われて、又してもブログがすっかり後回し(苦笑)。
やっと出来上がったバッグの記事をお披露目したいところなのですが、そこはやはり来週ご本人にお渡ししてからということで。
今回は先日行ったゴーダの蚤の市の話題です。
b0171423_2194246.jpg
b0171423_21142619.jpg
     一年ぶりに行ったゴーダの蚤の市。
b0171423_21131761.jpg
市庁舎の周りをぐるりとアンティークのストールが囲んでいます。
b0171423_21183130.jpg
    広場の中心に建つ、絵になる市庁舎。
b0171423_21203522.jpg
b0171423_2121327.jpg
壁面の小さなカラクリ時計が、時間になるとかわいい音楽を奏でます。
b0171423_2124879.jpg
今回特に欲しいものは見当たら無かったのですが、ちょっと惹かれたのがこのパズル。ノスタルジックな柄がなんとも。作って額に入れたらかわいいですよね。
b0171423_2214778.jpg
そしてもうひとつ、この子供の似顔絵スプーンです。
ちゃんとひとりずつ名前が入っていて、中に1本だけベアトリクス前女王のものも!この子達、実在の人物なのか、それとも何か人気シリーズの登場人物だったのか。。。。謎が深まるばかりです。

蚤の市の後は街をお散歩。
ゴーダが始めてのお友達が一緒だったこともあり、私にとって今回が最後のゴーダ訪問になるかもしれないこともあり、のんびり歩いて廻りました。
b0171423_21531483.jpg
b0171423_21535656.jpg
ゴーダと言えばご存知ゴーダチーズの街。ご当地チーズの専門店が街のあちこちに。
b0171423_21563012.jpg
こんなかわいい民族衣装のお土産チーズも。以前ハワイ在住のお友達にあげて喜ばれた一品でもあります。
b0171423_2158542.jpg
ゴーダはご当地ワッフルもあるんですよね。普通に売られているストループワッフルとの違いが不明ですが、笑。
b0171423_2222179.jpg
なんだか蚤の市ツアーというよりも、すっかりゴーダ観光で終わった一日でした、笑。
[PR]
by taratsuru | 2013-07-05 22:18 | アンティーク蚤の市(オランダ)