<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0171423_11104948.jpg
モロッコ編、まだまだ続きますが、一時帰国の為しばらくブログをお休みします。
また2月に再開予定です。
[PR]
by taratsuru | 2014-01-16 11:10

マラケシュ スーク

b0171423_10124754.jpg
   市内観光の後は、マラケシュ名物のスークを探検。
b0171423_10135590.jpg
スーク=市場のことで、どこまでも続く迷路のような場所。いろんな物を売っていて、ついブラブラ見ながら歩いていると、2度と出て来れなくなりそう。そのくらい大きくて入り組んだ市場なのです。
b0171423_101831100.jpg
b0171423_10175972.jpg
b0171423_1019568.jpg
b0171423_10204262.jpg
日本人に人気のバブーシュもずらり。
マラケシュで売られていたバブーシュは、日本でも良く見るスパンコール刺繍のものとは違った柄が多く、面白かったです。この後フェズにも行く予定だったのでバブーシュはフェズで買えばいいや、とこのときは買わなかったのですが、フェズとマラケシュでは結構デザインが違っていて、あの時買っておけば良かったな、とちょっと後悔しました、笑。
b0171423_1024332.jpg
     カラフルな革製のオットマン。
b0171423_10253942.jpg
b0171423_1026233.jpg
カゴはかなりゴージャスな刺繍の物が多かったですね。個人的にはもう少し素朴な方が好みだったのですが。。。。。
b0171423_10283018.jpg
有る意味、このスークで一番インパクトがあったお店はこちら。子供服のお店だと思うのですが。。。。。これまた思い切ったディスプレイですよね。
b0171423_10313915.jpg
スークを探検している間に段々と日が落ちて来て、すぐ側に有るジャマ・エル・フナ広場には沢山のひとが集まって来ました。
b0171423_10331379.jpg
b0171423_10335940.jpg
ここは大道芸と屋台で人気の場所なのです。夕方になると、何も無かった広場に足場を一から組み立てて屋台を作り、そこで食事が出来るようになっています。
ほぼ毎日営業するなら、なぜ足場を残しておかないんだろう?謎です。ほっておくと盗まれるのかな??ちなみにこの屋台村では牛の脳味噌やカタツムリが頂けるそうです。
b0171423_10391845.jpg
鷹匠のおじさん。
カフェの2階バルコニーからお茶をしながら撮影していたのですが、蛇遣いのおじさまは人気もので、人だかりが凄過ぎて撮影出来ませんでした。
b0171423_10411755.jpg
なんだかとってもエキゾチックでパワフルな場所。暗闇に浮かぶ屋台の明かりが奇麗でした。
[PR]
by taratsuru | 2014-01-16 10:55 | 旅(海外)

b0171423_456335.jpg
今回のモロッコの旅はマラケシュから始まりました。
マラケシュとはベルベル語で『神の国』を意味する言葉。『南方産の真珠』と呼ばれる街です。
b0171423_4583794.jpg
こちらはムーア建築の傑作と呼ばれるクトゥビアの塔。市内で一番大きなモスクです。
b0171423_542441.jpg
   そしてこちらはバイア宮殿。
b0171423_551874.jpg
床から天井に至るまで、あらゆる場所に装飾が施された美しいイスラム建築のひとつです。
b0171423_532665.jpg
b0171423_55565.jpg
b0171423_593029.jpg

ここはサアード朝の墳墓群。長らく高い壁で覆われて、人目に付く事も無く隠された場所でした。近代になって上空からその存在が確認され、周りの壁を掘って再発見されたそうです。
b0171423_5151595.jpg
b0171423_5161810.jpg
敷地内にある王の墓所。墓の上に乗せられている石の高さは位の高さを現す目印なのだそうです。
b0171423_525363.jpg
     名所観光の後は、市内の市場へ移動。
b0171423_531322.jpg
b0171423_5325128.jpg
モロッコの至る所で見かけたのがこのサボテンの実。サボテンの実って食べられるんですね〜〜!人気があるらしく、その場で剥いて食べているひとを結構見かけました。
b0171423_5425277.jpg
乾燥した花の蕾。着色している??と、思わせるくらいのカラフルさです。
b0171423_545913.jpg
b0171423_5471133.jpg
そして圧巻のカラフル&パワフルなディスプレイと言えばこの香辛料の山。一体どうやって固定しているんでしょうね??
すっかりヨーロッパの景色に慣れっこになっていた目に、久しぶりにガツンと来る刺激でした。
b0171423_5505510.jpg
   次回、迷路のようなマーケット『スーク』編に続きます。
[PR]
by taratsuru | 2014-01-08 06:14 | 旅(海外)

b0171423_554529.jpg
年末の休暇にモロッコを旅して来ました。
旅の途中、ラクダに乗って砂漠の日の出を見に行くことに。
日の出を見る=日の出前から出発する=朝4時起き、そして寒い。ということで、早起きが大の苦手な私にはすでに苦行の域ですよ。
b0171423_585790.jpg
真っ暗闇の中、ジープに乗って砂漠を移動。着いた先ではラクダちゃんがお出迎えしてくれました。
b0171423_5124837.jpg
ラクダの背中でしばらく揺られているうちに、少しずつ空が明るくなって来ました。
目の前には、まさに『月の砂漠』な景色が広がっていて軽く感動。
b0171423_515245.jpg
日の出を見る場所に到着すると、ラクダは座っておとなしくお休みします。
b0171423_5222533.jpg
ラクダ使い件ガイドのベルベル人の皆さんも一緒にしばし休憩。
それにしても、私達が到着する前から、既にかなりの人数が砂漠で日の出待ちをしていました。
私達が着いてからも日の出までは30分くらいあったのに、そして寒くてすっかりグダグダだったのに、一体他の方々はどれだけ寒い思いをして待っていたことでしょう。。。。。。
b0171423_5244338.jpg
寒いよー、でもお空が奇麗だよー、と言いながらひたすら日の出待ち。その間にどんどん空の色が変わって行きます。
それにしても明け方の空ってこんなに奇麗だったんですねー。早起きが出来ないので知りませんでしたよ、笑。
b0171423_545683.jpg
b0171423_5272912.jpg
そして、とうとう待ちに待った日の出タイム。
低い声で『オォー』と砂漠一帯にどよめきのような歓声が、笑。
寒かったけれど無事ご来光も拝めて、めでたしめでたし。
b0171423_5293180.jpg
初日の出では無いけれど、おめでたい感じが新年にピッタリだったので最初にアップしてみました。
次回からもモロッコの旅編続きます。
[PR]
by taratsuru | 2014-01-04 05:40 | 旅(海外)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
b0171423_439875.jpg
昨年末はアムステルダムのホテルに滞在し、初めて高いところから年越し花火を楽しみました。
b0171423_4411534.jpg
丁度ホテルの目の前でも沢山上げていたのでかなりの迫力。
正直、この高さから見て初めてこの年越し花火を奇麗だなと思えましたよ、笑。
それにしても、せっかくの機会なのにここぞとばかりにカメラを忘れて来たワタクシ。。。。。苦笑。今回は夫のスマホの写真を拝借です。
b0171423_4464821.jpg
   部屋から見えた元旦の初日の出も記念にパチリ。
   今年も皆さんにとって素敵な一年となりますように!
[PR]
by taratsuru | 2014-01-04 04:53